トップページ | 2005年10月 »

忘却曲線

スピッツの曲が好きで、学生時代からよく聴いています。

好きな曲のなかに、こんなフレーズが出てきます。

”君の記憶の片隅に 居座ることを 今決めたから”。

出会う人には「記憶の片隅といわず、真ん中に

居座ってやる!」といつも心に決めています。

しかし悲しいかな、人は忘れます。

”人は忘れる生き物である”。

ドイツの心理学者、へルマン・エビングハウス先生もおっしゃってます。

それでも自分のことを人の記憶に残したい場合はどうすれば…。

ヘルマン先生の研究によると、完全に覚えてから

20分後に42%を忘れ、1日後には74%を忘れ、1ヵ月後には79%

を忘れるとのこと。

でも忘れる頃に復習をすることで、記憶力を維持できるそうです。

つまり、勉強は復習をすることでそれまでの記憶を維持できます。

同じく人との出会いも、忘れる頃にまた会うことで記憶を維持できる

はずです。

だから、また会いたいと思います。

会えないときは、”人は忘れる生き物だから忘れられても仕方ない”

と思うことにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっぱりさぬきうどん

さぬきうどんの旅、2日目。

川福本店へ行きました。「ざるうどんの宗家」らしいので

ざるうどんを注文してみました。口当たりはたいへんなめらか。

だしは市販のめんつゆの味に似ています。(すいません…)

530円は高く感じる味でした。

つづいて義経へ。てんぷらうどんを注文。中サイズ(450円)で2玉ある

ものですから、1玉分の小サイズ(400円)を。ご主人と奥さんは愛想

よかった。麺はコシがあり、ギュッギュッとした歯ごたえを感じます。

だしも一滴残らず飲み干してしまいました。

最後にさぬき一番。ぶっかけうどんを食す。具はねぎ、てんかす、

おろししょうがといたってシンプル。値段も200円とは、さすが本場

だからなせる業。ご主人がてんぷらにしょうゆをかけてつまみ食い

しているところを発見。妙においしそうに感じました。

今回はスケジュールの立て方が甘く、時間の制約を余儀なくされた

のが反省点です。

とにかく、さぬきうどんはおいしい。

そして魅力のある食べ物。奥が深い。

むかし、理系出身で仕事バリバリのシステムエンジニアやっていた

会社の先輩は、職を辞して香川のうどん屋に弟子入りしました。

そのときはなぜその考えになったのか納得できませんでした。

いまは納得できる答えが出て、良かったと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして、さぬきうどん

というわけでほんとうに行ってきました05_002、香川県。

普通列車の旅。徹夜明けの片道6時間はエライです。

結局2日間、高松市内の宿泊先ホテル近辺を回りました。

まずは讃岐家。店へ入ると1階は5人掛けのカウンターがあるのみ。

店のご主人夫婦(50代)と店員さん2人がせっせと働いています。

2階はテーブル席。店内はこじんまりしています。05_005

さて、注文したのは生しょうゆうどん。もっちもちの麺の食感に驚く。

具は大根おろし、かぼす、ねぎ、おろししょうが。

生しょうゆをかけて食べる。

大根おろしとうどんがからまっておいしい。とにかく麺のコシと

口当たりの良さは絶品です。

あと骨付鳥 一鶴高松店にも。骨付鳥を登録商標にして

いる手羽先の専門店です。メインメニューは2種類(おやどりとひよどり)。

釜で蒸し焼きしたもも肉は鶏皮がぱりぱりしていて、北京ダックのようでした。

移動だけでへとへとになってしまったので1日目は終了。

この続きも次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぬきうどん

さぬきうどん食べたいなぁ・・・。

・・・というわけで、今から香川県まで行ってきます。

明日詳しい報告をします。では。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

同期会

前の会社の同期入社組5人で同期会を開きました。さっき終わって、

いま僕の部屋でメンバーはやっと寝静まったところ。

それにしても1人は帰ったけど、この部屋(6畳+ロフト)に4人が

寝泊りするのは窮屈だなぁ。整理整頓しておこ。

5人(男2人女3人)はもう全員が別々の道に進んでいて、勤務地もばらばら。

全員がそろってお酒を飲むのも実に数年ぶりです。

今度いつ会えるかもわからない、と思うと一瞬を大事にしたいと思うものですね。

「太ったね」「痩せたね」などの話から始まり、お互いの仕事の話や

恋愛話、今だから話せることなど時間を気にせずしゃべりました。

女性のひとりに新しい彼氏ができたと聞いたとき、応援したい

気持ちとは別にちょっと残念な気持ちもあったりします。

これからもこの5人は、ずっとこのままでいたいと思った一日でした。

そろそろ寝よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロッテ季節のトッポ。

ロッテ季節のトッポをおいしくいただきました。

パッケージデザインはゴールドの背景色にモンブランのイメージ写真

が添えられており、たいへん上質で高級感があります。

フレーバーはマロンです。チョコは通常の1.8倍の量を充填しています。

だからこの商品ではレギュラートッポの、あのプレッツエルの

サクサク感はあえて抑えられています。

通常のトッポが好きな人には物足りなさがあるでしょう。

ただし通常よりサイズが長い(約1cm増)ので食べ応えがあります。

チョコの量が多いので、そのぶん甘さはひかえめですが

よくマロンの味をここまで再現できたなぁと感じました。

口の中で、とろけるモンブランを思わせてくれますよ。

よって「ロッテ季節のトッポ」(¥168)のおすすめ指数は80。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

うめの奮闘記ご紹介の巻

いちご一会に「うめの奮闘記」を掲載させてもらいました。

うめのさんは農業のプロフェッショナルです。

農薬の使い方が分からなくて困ったり、なすびの育て方がわからなくて四苦八苦したことなどよくありますよね。(あるある。)

農業に関することはなんでも聞いてみてはいかがでしょうか?

うめのさん、豆乳ドレッシング有難うございました。早速いただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

戦闘妖精雪風を観るの巻

前から気になってましたが、やっと今日になってレンタルしました。

「戦闘妖精雪風」。アニメです。主人公・深井零の声は

NHK大河『新撰組』の山南敬助役で大ブレークした、

あの堺雅人さんではありませんか(大好きな役者の一人です)。

異星体ジャムと戦闘を繰り広げるフェアリー宇宙軍。

そして零は戦闘機「雪風」のパイロットです。

でも上司のブッカー少佐といい、零といい、ニヒルで虚無感すら

漂わせているのはなんですか。

ブッカー少佐は指揮官なのに目をウルウルさせるシーンが

何回も出てきて、軍人としてあるまじき行為です(いや、ジャムとの

戦闘が30年余り続いている時代背景を考慮すべきでしょうか)。

このアニメの制作には航空自衛隊が前面協力していて、戦闘機の

エンジン音やその他効果音は実際の音をサンプリングしている

そうです。

エンディングテーマ曲はムッシュかまやつさんが歌ってます。3DCG

アニメなのに、テーマ曲はアコースティックなサウンドで妙に新鮮。

連休中に4巻までは観ます(最終回の5巻はまだレンタルされて

なかった)。

この続きは、また次回お知らせします。

いやぁ、漢のロマンを感じるなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

みんなの滋賀新聞 社員どうすんのよ!

みんなの滋賀新聞は17日、休刊します。

発刊して6ヶ月足らずで

社員のみなさんは解雇。

販売網の構築もできず、

記事の配信も受けられず、

記者クラブにも加盟できず。

新聞社として新規参入するからには

前もってやっておくことは

たくさんあっただろうに。

経営トップの責任は重いぞ。

社員全員の生活保障を求めます。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

黒胡麻ポッキー。

ううむ・・・。

お菓子は秋の新商品がぞくぞく出回っているけど、

なぜグリコは黒胡麻で勝負するんだ?

和風ブームだから・・・それはわかる。

ごまは健康に良い・・・それもわかる。

でも黒胡麻をポッキーにして欲しくないんだなぁ。

見た目がおいしそうに見えない。

パッケージの白黒ツートンカラーもおいしそうに見えない。

味はゴマが香ばしくて、コッテリしていておいしいのに。

”体にやさしい黒胡麻”って謳っているけど

お菓子に健康を求めるのにもムリがある。

よってグリコ黒胡麻ポッキーは、おすすめ指数60。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

呉でも戦艦大和見たぞ

呉の戦艦大和(1/10スケール)をご覧ください。DSCI0025

大和ミュージアムでは本物の造船所で建造した10分の1

の戦艦大和を見ることができます。

船体のシルエットが美しいと思いませんか。

DSCI0020

DSCI0044 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尾道に戦艦大和出現

8月にお盆休みを利用して、広島へ旅行しました。 DSCI0014

ほんの一部ですが紹介します。

右の写真は 尾道市向島にある『男たちの大和/YAMATO』

のオープンセットです。

JR尾道駅前から渡し船で尾道水道を渡ります。(約5分)

日立造船所 向島西工場跡地内に作られているので、遠くから見るとDSCI0005

さながら大和が建造中であるかのようでした。

実際の大和は全長263Mですが、セットでは190M分だけつくってあります。

それでも”鉄の塊”感があります。 実は骨組みや撮影に使う部分はDSCI0004 鉄骨ですが

ほとんどはベニヤ板などの木材で製作されたハリボテです。

それでも総工費6億円もかかったんだから驚きです。

しばらく60年前に思いを馳せながら過ごしたのでした。

DSCI0013

| | コメント (1) | トラックバック (0)

はじめまして、です

はじめましてアルフォンスです。よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年10月 »