« そして、さぬきうどん | トップページ | 忘却曲線 »

やっぱりさぬきうどん

さぬきうどんの旅、2日目。

川福本店へ行きました。「ざるうどんの宗家」らしいので

ざるうどんを注文してみました。口当たりはたいへんなめらか。

だしは市販のめんつゆの味に似ています。(すいません…)

530円は高く感じる味でした。

つづいて義経へ。てんぷらうどんを注文。中サイズ(450円)で2玉ある

ものですから、1玉分の小サイズ(400円)を。ご主人と奥さんは愛想

よかった。麺はコシがあり、ギュッギュッとした歯ごたえを感じます。

だしも一滴残らず飲み干してしまいました。

最後にさぬき一番。ぶっかけうどんを食す。具はねぎ、てんかす、

おろししょうがといたってシンプル。値段も200円とは、さすが本場

だからなせる業。ご主人がてんぷらにしょうゆをかけてつまみ食い

しているところを発見。妙においしそうに感じました。

今回はスケジュールの立て方が甘く、時間の制約を余儀なくされた

のが反省点です。

とにかく、さぬきうどんはおいしい。

そして魅力のある食べ物。奥が深い。

むかし、理系出身で仕事バリバリのシステムエンジニアやっていた

会社の先輩は、職を辞して香川のうどん屋に弟子入りしました。

そのときはなぜその考えになったのか納得できませんでした。

いまは納得できる答えが出て、良かったと思ってます。

|

« そして、さぬきうどん | トップページ | 忘却曲線 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135681/6147540

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりさぬきうどん:

« そして、さぬきうどん | トップページ | 忘却曲線 »