« 広告はFINE。 | トップページ | ガーナ 冬のブラウニー »

箱型フリマって、なんぞや

座席でぐったり帰りの電車。
目の前の広告にこんな文字。

”箱型フリーマーケット 日曜オープン”

ハコガタ?
しばらく、ぼーっと考える。

箱がテーマのフリマなんだよ、たぶん。
つまり…

  • お弁当箱とか、パソコンとか、ロッカーとか、本棚とか
    箱っぽいものを売り買いするフリマ
  • 店の並びがカタカナの「ロ」の字型になっていて、何か
    買うまで会場外へ出られない仕組みのフリマ
  • 全部のお店がノッポさんの作ったダンボールの家でで
    きているフリマ

くだらん。

広告によると、
箱型フリーマーケットとは、まず縦横40cmの箱を2700円で
購入し、箱の中に自分の売りたい商品を自由にいれると、
あとは専用の店舗で販売してもらえる仕組みのこと。

要するに委託販売みたいなもの?商売っ気だされると、買う
側として抵抗感じます。
フリーマーケットは、たとえば日曜日に芝生のある広場で、
ブルーシートの上に商品並べて買い物客とのコミュニケーション
を楽しむというイメージがあります。(かなりステレオタイプな私)

でもこれからは、こんな新しい商売がどんどん考え出されるで
しょうね。

|

« 広告はFINE。 | トップページ | ガーナ 冬のブラウニー »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135681/6493381

この記事へのトラックバック一覧です: 箱型フリマって、なんぞや:

« 広告はFINE。 | トップページ | ガーナ 冬のブラウニー »