« 仕事は本業以外で忙しい | トップページ | 財部誠一氏の講演を聴く »

プラネテスな世界 You copy?

アニメ『プラネテス』。
2075年、秒速8kmもの高速で飛行する宇宙の粗大ゴミ
(=スペースデブリ)は宇宙旅行をするにはたいへん危険
な存在。デブリを回収する職業宇宙飛行士の物語。

宇宙ステーションの大手企業、テクノーラ社のお荷物部署
=スペースデブリ課の活躍が面白いです。
(「ショムニ」っぽいともいえるかも)

今日は3巻から観ました。
phase6「月のムササビ」は、はっきりいって閑話休題。
一話分、損した気分になりました。ニンジャおたくが火事から
主人公を助け出すもの。観なくてよし。

phase7「地球外少女」は、月で生まれ育った少女が、低重力
障害だという話。
月は地球の6分の1しか重力がありません。
そのため、月で育った人や植物のカラダは大きく成長します。
しかし重力が小さい分、骨密度など体の組成は地球のものより
弱く、月で育った人は地球上では住めないのです。

考証がしっかりしていてリアリティのある話です。
2075年でさえ、宇宙開発は発展途上なのですね。

phase8は、フィー船長がエリート集団の管制課に異動になる
かも、という話。
スペースデブリ課のフィーさん(女性船長)に意外な過去が。

このアニメのいいところ。
企業の論理・出世など現実のどこの企業、どの社員も抱える
問題を未来の宇宙に置き換えて表現しています。
(このへんは『踊る大捜査線』っぽい)

この勢いでどんどん観るぞ。
You copy ?  I copy !

|

« 仕事は本業以外で忙しい | トップページ | 財部誠一氏の講演を聴く »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

そのニンジャおたくが、後の phase で人間ドラマをみせてくれるんだよね〜

投稿: mora | 2005年11月 5日 (土) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135681/6880831

この記事へのトラックバック一覧です: プラネテスな世界 You copy?:

« 仕事は本業以外で忙しい | トップページ | 財部誠一氏の講演を聴く »