« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

三蔵法師といえば、

やっぱり夏目雅子でしょう。

『西遊記』観てます。シナリオの面白さや出演者の個性など
から考えて、何度かリメイクされている西遊記の中では、
やはり元祖(昭和54~55年 NTV系)が絶対面白いと思います。

なかでも三蔵法師の役は夏目雅子だと思いました。
深津絵里のような女優さんも好きですが。

夏目雅子みたいな、ハスキー(低音がかった)な声の女性
に、私はどうもフラフラっとくるようなのです。(私の好みは昭和
55年ごろに形成されたのだろうか?)

月9の西遊記も、何か新しい楽しみを発見できたらいいな、と
思いました。深津絵里を応援します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

城崎温泉

今日は朝から、おでかけ。kinosaki_003

私は、駆け込むようにJR特急 はしだて1号へと
飛び乗りました。
そして福知山駅で特急北近畿3号へと乗り換えます。

その終点は、城崎温泉。

列車にゆらりゆられて、出発から2時間半後。
「あと1駅で、城崎温泉へ着くんだ!!」
私は興奮を抑え切れませんでした。

しかしその、「1駅前」で下車。

…城崎温泉には降りないのです。

そう、今日は城崎温泉の近くに出張してました。

週末出張なら、仕事が終わってから自費で一泊し、
翌日観光して帰る、という手もあるのですが。
丸一日かけての仕事ではないため、用が終わり次第
帰社しました。

城崎温泉外湯めぐり、松葉がにづくしの料理、但馬牛、
城崎マリンワールド、玄武洞、コウノトリなどなど。。。

すべてに背を向けて、私は帰りの列車に飛び乗ったのでした。
城崎温泉まで車で約10kmの距離にいるのに、クゥ~!!!
温泉でくつろぎたいよ~!カニ食べたいよ~!

でも3月には、長野へスキー&温泉旅行に行く予定です。
だからもうちょっとだけ、ガマンガマン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら京都スカラ座

京都・河原町にある、京都スカラ座・京都宝塚・京極東宝
が29日に閉館します。

この映画館は70年の歴史があるそうです。
私も観に行ったことがありますが、昔の設備と運営
方法がいまだに残っています。

さすがにシネコン全盛の今、お客のニーズに対応できない
映画館は消えてなくなるのも当然かな、と思います。

ただ消えてなくなった後に、次に何ができるかが気になります。

この河原町界隈には丸善(梶井基次郎の『檸檬』に出てくる、
あの本屋)がありましたが閉店しました。その跡地にカラオケ
ボックスが出店するようです。
期待はずれでした。つまらない。

スカラ座の跡地に何ができるかわからないのですが、
存在感のあるものであってほしいと思っています。

スカラ座が70年間その場所に在り続けたのは、立派だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪をひいてしまいまして。。。

せっかくの週末を、風邪で台無しにしてしまいました。isojin

ただいまの体温は、37.7度。

「健康のために、食生活を改めないといけない
なぁ」と思っていた矢先に、です。

結局、今日はほとんどを室内で過ごしました。

この風邪を治すために、うがいを欠かしません。kazetaisaku

また体を強くするために、ビタミンやカルシウム
を補うものを集めてみました。

これからは、魚をたくさん食べるようにします。
(魚は嫌いではないのですが、どうしても
肉中心の食生活になっていたことに気づきま
した。反省してます。)

明日は元気に出勤できるようにします。

とか言いながら、安静もせずにkazetaisaku1
DVDの『トロイ』と『プライベートライアン』を
観ています。

風邪が流行っているみたいですね。
みなさんは、風邪などひかないように気をつけて
ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『THE有頂天ホテル』~アバンティに泊まりたい~

観て来ましたよ!『THE有頂天ホテル』。uchotenhotel

見終わったとき、「こんなホテル泊ま
ってみたい」って思いました。
いやぁ、面白かった。

大物俳優から若手まで役者層が
厚くて、たくさん俳優が出てきます。

有名な役者がたくさん出る映画は
たいてい、ストーリーがぼやけてし
まって面白くならないのですが、
なんのなんの。

ストーリーの詳しい説明はしませんが、
次から次にたくさんの出来事が起こるので、
脚本と監督の三谷さんは結末をどのように仕上げる
のか、私は上映中もずっと気になってばかりでした。

私はこの映画で特に印象に残る活躍をした人を挙げるなら、
役所広司、松たか子、石井正則と、特殊メイクをした出演者
(オダギリジョー・唐沢寿明・近藤芳正・津川雅彦)、あと特殊
なメイク?の伊東四朗も。
(石井正則と近藤芳正は強烈なキャラです。)

まじめな副支配人・役所広司が、まじめすぎて面白いです。

エピソードが重なって、最後に合流して1本の話になります。
丹念に作りこまれているのが、よくわかりました。
ドタバタした感もあるので、人によって好き嫌いはあるかも
しれませんね。

従業員から「おかえりなさいませ」と言ってもらえるホテル、
泊まってみたいと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

プーシキン美術館展もすごい。

大阪・中之島の国立国際美術館では、museum1
今月11日から4月2日まで
「プーシキン美術館展」
が催されています。

プーシキン美術館は、エルミタージュ美術館と
双璧をなす、ロシアが世界に誇る美術館です。

今回公開されているのは、プーシキン美術館の Renoir
中で「シチューキン・モロゾフコレクション」とよば
れる作品群です。

シチューキンとモロゾフという、2人ともおい
しそうな名前の実業家が19世紀後半から
20世紀前半にかけて絵画を収集したものを
いいます。edgar_degas

モネ、マネ、ルノワール、ゴーギャン、マティス、
ピカソ、セザンヌ、ゴッホ、ピサロなどがずらり。
印象主義~キュビズムに至るまでの画家達です。

(右の絵画は美術館で買った絵葉書のもの。
実物はぜひ美術館で。)Monet

印象派の作品には、日本の浮世絵に影響
を受けたものがたくさんあります。
しかし私は見極めがつかないので、絵の横の解説
を読んでみてやっと理解できました。

個人的に気に入ったのは、セザンヌの
「サント=ヴィクトワール山の平野、henri_matisseヴァルクロから
の眺め」という作品。
風の吹く方向や強さ、温度を感じられるほどの筆の
タッチに感動しました。

今回、最も注目されているのは40年ぶりに日本で
公開されたマティスの「金魚」だそうです。(一番下
の絵葉書)

1度でいいから見に行ってください!museum

また、この国立国際美術館は2004年に新築移転
されました。施設すべてが地下にあります。
(たぶん世界初だったような気がする。)
常設展示もあるし、鉄人石鍋シェフのフランス料理
レストラン「クイーンアリス」もありますから楽しめますよ。

ぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静岡へGO!

静岡へ行きました。
浜松市をちょっと過ぎたところまで。

出張です。残念ですが。

今日に限って、車で移動となりました。
所要時間は高速道路を使っても、往復9時間。photo2
でも仕事は2時間。

せっかくなので、関係者に手みやげを持って
行くことにしました。

うなぎパイに対抗するべく、
しじみパイを持っていきました。
喜んでくれたかな。。。 photo

帰りに、今日の成果に対して自分へのささやかな
報酬。→
(試食しただけです。)

あーあ。明日はレポート地獄かぁ・・・。
でもがんばる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都どすえ(御所・えべっさん編)

京都市上京区。
東西700m南北1300mの敷地に、
5万本の樹木に囲まれk1ながら、
京都御所はたたずんでいます。

今日は散策に来ました。
御苑は市の中心部とは思えない
ほどの静寂に包まれていました。
(右写真は建礼門)



k2
明治2年(1869)に都が東京へ
遷されると、御苑一帯は
荒れ果てたそうです。
(明治10年にようやく整備
されました。)

以前、京の古写真を集めた写真集
を見たことがあります。この土壁もボロ
ボロになっていました。
hamaguri

右は蛤御門。文久3年(1864)7月、
蛤御門の変(禁門の変)。
その名のとおり、ここが歴史の舞台
になりました。
この事変で京は3日間燃え続け、
町の3分の2が焼失したそうです。

たった140余年前の話なんですね。
今の町並みを見たとき、世の移り変わりは
早いものだなと感じます。

場所はガラッと変わって、京都ゑびす神社(えべっさん)へ。 yebisu
9日は宵えびす。とにかく人・人。

御苑を散策していたときの気分
とはまた一味ちがいます。

鳥居をくぐって、鈴を鳴らすまでに約15分かかりました。

日本3大えびす(西宮・今宮・京都)のひとつ。
一番古い歴史を持つのが、京都ゑびす神社です。

願い事は…、もちろん商売繁盛!

正月気分も、そろそろこのへんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぜったい離さない。

私の会社では4日から仕事始めでした。

今週の仕事は、取引先への年始挨拶まわりがほとんど。
私も上司と、和菓子メーカー大手、「某」へ向かいました。

ここでは担当者とお会いするまでの待っている間、多くの
企業が商談や年始挨拶のため、ひっきりなしに訪れます。

某には日本全国から、新規取引の申し込み依頼だけで1日
10数件あると聞きます。

私たちの会社は某にとって、数ある取引先のうちのひとつ。
わざわざうちと取り引きしなくても、代わりの企業はどこにでも
あります。当社と某の力関係は、たとえるなら「アリと象」。

互いの信頼関係でのみ、取り引きが成り立っています。

思いました。
ほかには負けたくない。ぜったい離さない、と。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

イチローが・・・。

『古畑任三郎FINAL』観ました。

イチローが本人役で登場!
向島元巡査(小林隆)と異母兄弟なんて、そんな無茶な。

またイチローに殺される役の「郡山」は、NHK『新選組!』で
徳川慶喜役の今井朋彦さん。
ちょんまげ姿のイメージが強かったので、現代の格好でワル役
を演じていたのは新鮮。
イチローのエージェント役には同じく『新選組!』会津藩公用方
を演じていた矢島健一さんが。

それにしても、イチロー。日ごろのインタビューは言うまでもなく、
ドラマの演技もなかなかのプロ並みでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

2006年がスタートしました。

みなさん、あけましておめでとうございます。
今年も電脳シンブンを宜しくお願いします。

私の拙い文章は、自身が承知の上。
ですが、今年もとりとめのない話を書かせてもらいます。

私の今年の目標は、
「妥協しないこと」。
手段を選ばず、打ち立てた目標を完遂させます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »