« ちょっとそこまで(続 麗しの長野編) | トップページ | さらば!ヤブ医者 »

利真於勤

今日は「三方よしフォーラム」へ参加してきました。

「三方よし」とは江戸時代、近江商人の経営理念
「売り手よし 買い手よし 世間よし」のこと。

近江商人は、諸国を行商してまわりました。
見ず知らずの他国で商品を買ってもらうには、何より
信頼されることが大事です。だから買い手だけに、ではなく
その地域社会の一員としても受け入れられる行動が重んじ
られたため、「世間よし」の考え方が定着したそうです。

自分のためだけ、を考えず社会に貢献するという理念は
現代のCSRに通じるものがありますね。

徹底的に薄利多売で、信頼されれば利益は後からついてくる
もの、という考え方も近江商人の理念です。
私たちも忘れてはいけないと思いました。

ちなみに私は八方美人です。どーだ。

|

« ちょっとそこまで(続 麗しの長野編) | トップページ | さらば!ヤブ医者 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135681/9007491

この記事へのトラックバック一覧です: 利真於勤:

« ちょっとそこまで(続 麗しの長野編) | トップページ | さらば!ヤブ医者 »