« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

ほうれんそうのおひたし

ほうれんそうのおひたしを作りました。

ネットで作り方を検索しました。
ゆでるときは必ず
「茎からお湯に入れるように」
と書いてあります。

茎は硬いからゆでる時間を長めにとる必要が
ある、というのが理由なんでしょうか。

そんなことをしばらく考え込んでしまうくらい、
今日は時間を気にしないで過ごした
一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京 プラズマ 夢の夢

朝6時起きで、東京ビッグサイトへ行ってきました。 Fpd2006_010_2

第16回ファインテックジャパン(同時開催:第2回
フラットパネルディスプレイ展)に参加するため
です。

ほぼ一日中、会社のブースに立って商品説明
をしていたのですが、合間を見つけて会場内を
ぐるっと見て回りました。

なんといっても今年の目玉は、
世界最大!Fpd2006_005_1
パナソニックの103インチ
フルスペックハイビジョン
プラズマディスプレイ。

ヨコ2.27メートル、
タテ1.27メートル。

今回は参考出品ですが、
年末には市販化されるらしいと
のことです。

1台いかがですか?

会場はすべてを見る
ことができないくらいの
広さでした。

最先端の技術や部品を知って感激。Fpd2006_007

うちの会社のブースも盛況で、ほっと安心。
あとは商売に結びつけば良いのですが。Fpd2006_003_1




←シャープ 3次元に表示する
ディスプレイ。おー、3次元だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとそこまで(突然東京へ編)

有明の東京ビッグサイトで、19日から21日まで
第16回ファインテックジャパンが開催されています。

http://www.ftj.jp/jp/

世界最大のフラットパネルディスプレイ展です。
ちなみに私の会社も、ちっちゃなブースを借りて
出展しています。

で、出張というわけです。

復旧したゆりかもめで、行ってきまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとそこまで(岡山城と後楽園編)

2日目。

Okayama_024

岡山城へ。下板張りが黒く塗られていること
から烏城(うじょう)とも呼ばれた城。

先の大戦で焼失してしまい、現在の城は
昭和41年に再建されたものだそうです。

Okayama_005

岡山後楽園。 水戸の偕楽園、金沢の兼六園と
並ぶ日本三大名園にかぞえられます。

私は2003年に兼六園に行きました。
今回で二庭園行ったので、近いうちに偕楽園を
見てみたいと思います。Okayama_019





Okayama_011



後楽園の桜は散りつつありました。

でもきれいです。

Okayama_012




桜の絨毯のよう。
散ってもなお、美しい桜。

Okayama_015_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとそこまで(大原の残照編)

倉敷美観地区の裏路地散策を楽しんだあと、 Okayama2006_025
その流れで倉敷アイビースクエアへ向かいました。

この敷地は江戸時代に倉敷代官所、明治時代
には倉敷紡績(現クラボウ)の工場、という変遷
をたどってきました。
児玉虎次郎記念館、アイビー学館、倉紡記念館
があります。

私は日本の紡績産業・繊維業の歴史に興味がOkayama2006_020
あったので、倉紡記念館を訪れました。

倉紡記念館はクラボウ株式会社創立80周年を
記念して、昭和44年につくられました。
紡績機械、施設の模型、明治から現代にかけて
のクラボウの歴史的資料などが展示されています。

大原美術館の創設者、クラボウ2代目社長の
大原孫三郎は労働理想主義のもと、当時としては
先進的な事業を行い教育や社会貢献に尽くしました。

大原美術館。
昭和5年、画家児島虎次郎を記念して設立Okayama2006_001
された、わが国初の私立西洋美術館です。
日本人の感性にあった西洋・日本の近現代
美術作品を集めていることから、
個性的であるとしてその名を世界に知られて
います。

私はここで、モネの『睡蓮』に出会いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとそこまで(雨の倉敷編)

15、16日は岡山県へ旅行しました。Okayama2006_023

一日目倉敷。
年間降雨日数(1ミリ未満の日)が
276日で全国一位
ときいていたのですが、朝からひどい雨でした。

残り89日のうちの1日に当たってしまうとは。。。

まずは美観地区へ。 
路地裏も景色になってしまう美しさ。
Okayama2006_017Okayama2006_019

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハウルの動く城

いつか見ようと思いながら、結局今日になってやっとMovingcastle
たどり着きました。
(かなり時代に取り残されたような気分。。。)

『ハウルの動く城』。

ハウルが火の悪魔 カルシファー
(声:我修院達也)と契約したのは、なぜ?
ハウルは人間の戦争になんで関わるのですか?

ハウルはあと2回くらい観ないと理解できない映画かなぁ。
最後がハッピーエンドなので、まぁいいですけど。。。

原作を読めばわかりますか?ひまがあったら読んでみます。

劇中に『天空の城ラピュタ』を彷彿させるシーンがたくさん
出てきましたがそれを探すのも面白かったです。

なんといっても久石譲の楽曲が期待通りによかった!
映画音楽には欠かせない人ですね。

以下、ひとりごと。
久石譲『ENCORE』(過去に作曲した作品をピアノソロで収録
したもの)は私のお気に入りのひとつ。
(一番好きな曲は『SUMMER』かな)おすすめします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇場版機動戦士ガンダムⅠ/特別版

レンタルDVDで観ました。Gundam1

もともと劇場公開版はTVシリーズを再編集して
つなぎ合わせたもので、当時映画を観てがっか
りしました。

とはいえ、登場人物の心理描写が秀逸で、
もうロボットアニメの範囲を超えていると思い
ます。やっぱりガンダムはいいですね。

特別版は5.1chドルビーサラウンド、映像はデジタル
リマスター、完全新アフレコ(要するにセリフ・効果音
の撮り直し)に仕立てたものです。

5.1chドルビーサラウンドで、迫力ある音声と臨場感は
楽しめました。しかし、声優さんの声がオリジナルの時
より歳をとっていて歳月の長さを感じてしまいました。
(でも戸田恵子さんのアフレコは昔よりうまくなっていましたよ。)

あとガンダムのビームライフルの発射音が軽~い音で、
重厚感がありませんし、ビームサーベルでザクを刺した
ときなんかは手ごたえなさそうな音でした。物足りないです。

年末にはTVシリーズがDVD化されますが、こちらは期待
してもいいのでしょうか?

あ、ガンダムⅠのエンディングソング「砂の十字架」
を唄っているのは、いまやパネル芸人?の
やしきたかじんです。
あらためて歌を聴くとちゃんとした歌手なんですね。
妙に新鮮でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくらさくら…来週がいいかも。

さくらさくら。 Sakura_003

今日、友人と競艇へ行って
桜散る状態でした。(初めてだったし)

そのあと観たさくらは、満開ではありません
でしたが、またこの季節が来たことに喜びを
感じました。

さくらさくら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

北海道ホワイトカレー

今日の晩御飯。Whitecurry_001
前からずっと気になっていましたが、
なかなか買う勇気がなかった一品。

しかし今日は思い切って
「ハウス 北海道ホワイトカレー」(ルウの方)を
使い、タケノコとマッシュルーム入りのカレー
を作りました。

ホワイトカレーは、見た目がシチューです。
でも、香りと味はカレーです。
北海道産生クリームがルウに入っていることと、
作る時に牛乳を300ml入れたので、
食べたらなめらかな口当たりでした。

色はホワイトというより、コーンクリームシチューのような
色をやや黒っぽくしたものになりました。
タケノコとマッシュルームをたくさん入れすぎたからかな?
よくわかりませんが。
あと、カレーライス全体の彩りは、白っぽく単調になってしま
ったので、もう少し赤や緑の野菜を入れれば良かったかも
しれませんね。

しかしこの味であれば、わざわざホワイトカレーにしなくてもいい
気がするのですが。。。
(甘口のカレーか、シチューを食べたほうがいいかも)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春風よどむ試作室

通称”試作室”と呼ばれるこの部屋は、開かずの窓と
接着剤の臭気漂う部屋。
私は数日間ここにカンヅメの状態でした。

”試作室”は量産化する前のプロトタイプを作る場所。
内部はお見せできませんが、例えて言うなら(精神的に)
息が詰まりそうなところ、とでも言っておきましょうか。

もともとうちで製造する製品の技術指導・開発責任者は、別の
会社を定年退職した技術畑出身の人が、代々就いています。

”試作室”のあるじは、この人。
頑固一徹、完璧主義、冷静沈着、理路整然、頭脳明晰、
勤勉実直、安全第一の典型的「技術屋」。

最近試験製造が忙しくなってきたので、
この、およそ私とは対極にいる技術屋さんをサポートすることに。
(注:私は典型的文系です)

某氏のすごいところは、使用する装置の設計開発・組立を
すべて一人でこなしてしまいます。
ベニヤ板や電動モーター、ボルト、チェインなど近所のホーム
センターから買ってきては自分で加工して装置を作っておられ
ます。(なにせ量産化前ですから、使用器具も手作りなんです)

某氏。
私は、ん、もう、コテンパンにやっつけられています。

いわゆる職人さんではなく、技術屋さん。
「なぜ君はそう考えた?根拠は?」「なぜ?」「なぜ?」
「なぜ?」・・・。

頑固一徹、完璧主義、冷静・・・(以下省略)、な人ですが、
こういった人との出会いが自分が成長する上で必要なんだなと
感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »