« その名は兼広 | トップページ | 『容疑者 室井慎次』 »

行列ができる博物館

現在、京都国立博物館で「大絵巻展」がEmaki_002_1
催されています。

平安~江戸時代までの絵巻物を一堂に
集めています。
(出展は鎌倉~室町時代のものが最も
多かった)
しかし一番の注目は「源氏物語絵巻」
と「鳥獣戯画」(両方とも国宝)。
長蛇の列で、この2作品を見るまでに
1.5時間かかりました。

さすがに「鳥獣戯画」を目の当たりに
したときは、うさぎや猿の躍動感ある描写に
感動しました。
Emaki_001_1
わが国に現存する最古の絵巻、
「鳥獣戯画」は作者がどういった意図
を持って描いたのか、実は謎。
しかし自然や民衆の風俗をじっくり観察
できる立場の人物が描いたのではないか、
ということだけは感じとれました。
特別な意図などなく、単なる娯楽でしょ
うか?
それとも痛烈なメッセージを隠している
のでしょうか?

また「信貴山縁起 飛倉巻」では人々の驚きの表情、
スピードのある場面展開に引き込まれてしまいました。
私の頭の中で、登場人物がアニメーションになって動き
出したのを感じました。

この展覧会は6月4日まで。
国宝や重文50数点の絵巻が展示されています。

いや~、行くのならGWは避けたほうが良かったなぁ。。。
もう、ならび疲れましたよ。

|

« その名は兼広 | トップページ | 『容疑者 室井慎次』 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

TB、コメントありがとうございました。
大変な人だったのですね。1・5時間並ぶとは!並び疲れますよね・・・。

GWを越していよいよヒートアップ?あるいは沈静化(そうなってくれ)するか、とにかく楽しみの多い展覧会。

やっぱりみなさん「飛倉」にはのけぞりますよね(^・^)

投稿: どんぶらこっこ | 2006年5月 7日 (日) 19時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135681/9919301

この記事へのトラックバック一覧です: 行列ができる博物館:

» 「大絵巻展」行ってきました  [新 どんぶらこっこの毎日]
行ってきました!大絵巻展! GW突入ということでしょうか?午後3時に会場入りしたのですが、かなりな混雑ぶりでありました。 行ってよかった!みなさん、いろいろアドバイスありがとう!堪能しました。 とにかく、これだけの量質を備えた展覧会は、これからも希でしょう。教科書でみたあの絵巻、この絵巻・・・。ぜひぜひいらしてくださいね。 前にも書きましたが、展示変えがありま�... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 07時10分

« その名は兼広 | トップページ | 『容疑者 室井慎次』 »