« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

翼をください。

Kokutai1 のじぎく国体開会式のため、
神戸・ユニバー記念競技場へ行ってきました。

この式典には仕事で関わりがあったので、
現地視察したのです。

関係者の集合時刻に合わせて現地入り
したので、
大会関係者やオープニングプログラムに参加する
人々の、緊張の中にも興奮に包まれた姿を
見ていました。

私は胸に去来するものがあり、熱い涙をこらえ
切れません。Sa340061
今日を迎えるまでは、つらい日々でした
から。

感動が最高潮に達したのは、宝塚歌劇団
宙組が特別出演した「式典前演技」でした。

クライマックスに「翼をください」の曲。
小学生から高校生まで数百人のダンサーとともに歌い踊る姿。
そして競技場を埋め尽くした、たくさんの観客から送られる拍手Sa340065
に、胸を打たれたのです。

終了後、出演者がぞろぞろと開場外へ移動するのと同時に
私も開場を後にしましたが、演技を終えて、にこやかに
おしゃべりするこどもたちがいました。見ていて、
またもやじわーと感動がこみ上げました。

私にはまだ閉会式の様子を確認する必要があるので、
仕事が終わったわけではありません。
最後まで無事に終わるのをただ祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

拝啓 ジャック・バウアー様

残暑の中にも、秋の気配を感じさせる季節となりました。
貴殿はいかがお過ごしでしょうか。
ご無事のことと存じ上げます。
お陰をもちまして、私は無事に過ごしております。

貴殿のご活躍ぶり、いつも楽しみに拝見しております。
シーズンⅡ~シーズンⅣまでは日々不眠不休の結果、
わずか1ヶ月半で制覇することができ、誠に喜ばしく思って
おります。

優れたリーダーシップ、瞬時の判断力、家族への愛情。
また手段を選ばない捜査方法は、時に上司の命すら
犠牲にすることもありますが、合衆国民を思ってのことと
推察致します。

僭越ながら、貴殿は私にとって理想のリーダーであり、
私が目指す、将来の私そのものでもあります。
日々精進致しております。しかしまだまだ…。
せめて、そのうしろ姿だけでも見続けたいと存じます。

シーズンⅤvol.1~3、もちろん拝見致しましたため、
今後秋の夜長をいかに過ごすか、思案しております。
今般テロ活動が活発になりつつありますゆえ、
ますますのご活躍をお祈り申し上げます。
                            敬具

                       アルフォンス

追伸
 カロリーメイトの食べすぎにはお気をつけ下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

もうすぐでブログ開設1年

しばらくぶりですね。ブログのこと、
忘れていたわけではないのですが。

気がつけばもう、9月。

昨年のこの月から今日まで数えて
ちょうど130本の記事を投稿してきました。

いつのまにか1年。疾風のごとく
1年が過ぎ去ってしまいました。
すぐ飽きてやめてしまうと思ったのに
ここまでやってこれたのも、たくさんの方に
読んでいただいたおかげです。

これからもよろしく。
(そのわりには書く回数が少なくなってきた。。。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »