« 月に願いを! | トップページ | ゆれた、『ゆれる』 »

芥川な日日

1週間前から、岩波書店の『芥川龍之介全集』を読みあさって
います。

芥川龍之介の本を読むなんて、学生時代以来のことです。

もともと調べたいことがあったので、ページをぱらぱらと
めくりながら流し読みしたり、読みたい箇所だけを繰り返し読んで
いただけだったのです。

ところが『鼻』、『羅生門』、『蜘蛛の糸』などは、あらすじを知って
いても素直に面白いと思えるではありませんか。
「そうそう、ここはこうなって…」
などと記憶を呼び出しながら読んでいると、流し読みのつもりだった
のがいつのまにか、芥川ワールドに引き込まれてしまいました。

つい3日前、書店を訪れたときに偶然知ったことがあります。
今年で、<芥川龍之介 没後80周年>だそうです。

別冊宝島のムックだったと記憶していますが、没後80周年を記念
して芥川龍之介を特集した本を見つけたのです。

芥川賞を受賞した作家達が、芥川作品にまつわるエピソードを
寄稿しています。芥川の代表的な20作品も掲載されています。

そこで私はまたまた芥川ワールドに浸ることになったのでした。
(彼の残した作品はほとんどが短編集なのですぐに読めますよ。)

たぶん、なにかのご縁かもしれないとつくづく思います。
もしかしたら、私に何かを気づかせようと暗示しているのかもしれ
ない―。

だから、私の芥川な日日はこれからもつづくのです。

|

« 月に願いを! | トップページ | ゆれた、『ゆれる』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135681/13912375

この記事へのトラックバック一覧です: 芥川な日日:

« 月に願いを! | トップページ | ゆれた、『ゆれる』 »