« 2007年8月 | トップページ | 2008年4月 »

そして、途方に暮れたのです。

今日、京都新聞のホームページに
京都検定の解答が掲載されました。

再度、答えあわせをしたところ、なんと

69点。

つまりは、
不合格でした。

来年ガンバリマス。

とんだぬか喜びでした・・・。
いやほんと恥ずかしい。

マイルもポイントも貯まる!「航空券」「宿泊」予約は【ANA楽パック】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒヤヒヤ京都検定

Kentei_2

今日は、京都商工会議所主催の
「第4回 京都・観光文化検定試験」
(京都検定)を受験しました。

私は今回がはじめての受験ですが、
2級から挑戦することにしました。

2、3級はマークシート方式で100問が
出題されます。

そのうち70%以上の正解で合格
になります。

「30回間違えてもいいわけなんだ
から余裕だ~ハッハッハ。!!」

などと、私はすっかりタカをくくっていたのでした。

ところが。

今年の2級は去年の問題よりかなり難しくて、
まったくトホホな目に遭いました。

自己採点した結果、正解率は70%。
あくまで自己採点ですから、もしもあと1問でもどこかに
不正解があったら「不合格」になるわけです。

ヒヤヒヤしながら採点したおかげで、終わってから
私の体がフニャフニャになってしまいました。

でも、ひとつ収穫があったとすれば、試験勉強を楽しめた
ことでしょうか。

最後に、私が“あてずっぽう”で、たまたま当たった問題を
ご紹介します。

「Q. 京都府の鳥・オオミズナギドリの繁殖地として国の
天然記念物に指定されているのはどこか。」

ア. 経ヶ岬 イ. 離湖 ウ. 冠島 エ. 綻高原

なんでこんな問題を出すのか、意図がわかりません。
わからないものはしょうがないので、とりあえず勘で勝負しました。

正解は、ウです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミッドナイト イーグルを観た

やっぱり。。。

日本映画にアクション物はムリです。

「ミッドナイトイーグル」とは、北アルプス山中に墜落した
米軍のステルス爆撃機。

搭載された“特殊爆弾”をめぐり起爆させようとする
東アジア某国(←どう見ても「北」なんですけど)の工作員と
阻止する自衛隊の攻防がはじまり、そこにスクープを狙う
元戦場カメラマン(大沢たかお)と新聞社時代の後輩記者
(玉木宏)が巻き込まれます。

東京国際映画祭のオープニング上映や、ハリウッドで
プレミア上映されるなど話題には事欠きませんでした。

しかし上映後の感想は、
「安物の感動を押しつけられた感じ」です。

主人公たちに都合良くストーリーが展開するのは
アクション物の常ですが、それを差し引いても、
まったく説得力のない脚本でした。

・主人公たちが大規模な雪崩に巻き込まれるが、
(やっぱり)助かる。

・自衛隊は山岳レンジャーと空挺団との特殊編成
チームというわりに、すぐ敵にやられる。

・主人公たちが敵より強い。

・ステルス機内部のセットはテレビの戦隊モノに出てくる
ような現実味のない安っぽさ。

(コクピットにCCDカメラがあって、首相のいる危機管理
センターとつながって現場の映像と音声がしっかり送れる、
時限発火装置がわかりやすいデジタルタイマー、など)

・山の周辺は厳重な警備だったのに、クライマックスでは
30名近くの工作員が山上まで登ってきた。

・総理大臣(=自衛隊の最高指揮官)が登場するが、
ヒーロー的な扱い。(撮影に全面協力した防衛省に配慮?)

などなど。つっこむ所が多すぎるんです。疲れました。

心温まる感動も、
この国とは日本人とはなんぞや、といった問いかけも、
戦争はイカン!といったメッセージも、
息をのむ派手なアクションも、

なにもありません。1本のしっかりとした軸がないのです。

原作はいいはずなのに。
やっぱり脚本が原因でしょうか。

やっぱりハリウッドには勝てないし、この手のジャンルで、
わざわざ勝負することもないと思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2008年4月 »