京都ラーメン探訪 ド根性ラーメン編

Ramen_002 京都といえば、ラーメン激戦区。

なかでも左京区一乗寺周辺には名店がズラリ。

ですが、私が今回訪れたのは京都市北区の北山通りから
少し上がったところ、大宮薬師山東町にある

「ド根性ラーメン ラーメン日本一」です。

白地にブルーの縁取りをした看板が目印。
注文したのは、この店のフラッグシップ商品の

ド根性ラーメン(850円)

麺は2玉入りです。

スープは醤油ベースですが、醤油のツンツンした部分を
丸くしてあり、濃厚な味わいです。

チャーシューの盛り付け方が大胆です。
味わいは適度の塩気があり、肉は柔らかくジューシー。

惜しむらくは、冷蔵庫に保管してあったのをすぐに
盛り付けたので、チャーシューが冷えていたことかな。
でも全体の完成度は高いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水したたる、汗もしたたる。

今年の夏は、クーラーを使わず生活する!!
そう決めてから約半月。

さすがに扇風機は使ってますが、
ここ数日の暑さにはかないませんね。

今日の晩御飯は、冷奴といきましょうか。

「男前豆腐Otokomae_1」。(450g、298円)

450gの重量であることを差し引いても、
価格は通常の豆腐よりも2倍の値段です。
容器は底に余分な水をためる構造にし、
こまかい心配りが感じられました。

まずはしょうゆをかけず、そのまま食べました。

「たぶん豆腐の味とは、この味のことを言うのかな」。
大豆のもつ濃厚な、とろりとした味。
豆腐を食べたにもかかわらず、ペースト状の豆を
食べたような感覚でした。甘みも生かされています。

つまりおいしい。

振り返れば、今まで食べていた豆腐は、
豆の味がしませんでした。

ネーミングの面白さだけが話題になっていたわけではなく、
こだわった味わいも支持されていたのですね。
この商品はパッケージに書いてあるように、作り手の心意気が
本当に伝わってきます。

でもこってりしているので、食後は重いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊勢うどんを食す

W杯でサッカー日本代表は、
ブラジル戦でもズルズルと大量失点し
一次リーグ敗退になりました。

私は朝4時からテレビで観戦。
試合終了後は悔しいし、眠いし、
でも大事な商談のある日だったので
気持ちを引き締めました。

こっちはズルズルいきましょう。Oisesan_018_1

「三重県内産小麦100%使用
岩戸屋の伊勢うどん」。

先週の日曜日に伊勢神宮へお参り
した帰り、「おかげ横丁」でみやげとして
買ってきたものです。
Oisesan_022
伊勢うどんは、極太の麺。
しかもコシがないのが特徴です。
もちもちした食感が魅力です。

まためんつゆではなく、しょうゆとかつおぶし
みりんなどを合わせたタレをかけて食べます。
色は濃いですが、甘口です。

うどんをテーマにした映画が今年公開されますが、
やはり魅力ある食べ物にほかならないからでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚捨の牛丼

先日、伊勢神宮で必勝祈願したにも関わらず、
サッカー日本代表はクロアチア戦でドロー。。。

もう、あとがない。Oisesan_004

モー、あとがない。

だから今日は牛丼を紹介します。

伊勢神宮そばの、おかげ横丁にある
伊勢肉店「豚捨」の一品。

「ぶたすて」と読みます。
名の由来は、もともと豚を飼育していた創業者が
牛肉の魅力に惹かれ、
「これからは豚を捨てて、牛だけで生きていく」
と言ったことから。

見た目は色が濃いのですが、
食べると思ったよりくどくなく、甘辛い味。
肉が柔らかく、じゅわっと歯にうまみがしみこみます。

伊勢肉。
三重地方は今では松阪肉で有名ですが、
松阪肉の歴史をさかのぼると、必ず伊勢肉に
たどりつきます。

ジーコジャパンも伊勢肉食べてリフレッシュ!
(もう遅いか。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その名は兼広

Kanehiro_001昼過ぎ、片道2時間かかる商談先
まで車を走らせていましたが
そろそろおなかもすいたので、
昼食をとることにしました。

注文はハンバーグカツ定食。

厚さ1.5cmのふわふわ
ハンバーグに、サクサクした
衣がしっかりくるまっています。
一口ほおばると、じゅわっと肉
のうまみがあふれ出します。
ボリューム満点の定食でした。

肉は、かの有名な近江牛を使用しているそうです。
自称"ハンバーグ研究家"の私が、思わずうなり声を
あげたくなるこのおいしさ。Kanehiro_002

こんなぜいたくなものを手ごろな
価格で提供できる店があるなんて。。。

その名は兼広。

腕のいい料理人と
おいしいハンバーグ
が出迎える店。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道ホワイトカレー

今日の晩御飯。Whitecurry_001
前からずっと気になっていましたが、
なかなか買う勇気がなかった一品。

しかし今日は思い切って
「ハウス 北海道ホワイトカレー」(ルウの方)を
使い、タケノコとマッシュルーム入りのカレー
を作りました。

ホワイトカレーは、見た目がシチューです。
でも、香りと味はカレーです。
北海道産生クリームがルウに入っていることと、
作る時に牛乳を300ml入れたので、
食べたらなめらかな口当たりでした。

色はホワイトというより、コーンクリームシチューのような
色をやや黒っぽくしたものになりました。
タケノコとマッシュルームをたくさん入れすぎたからかな?
よくわかりませんが。
あと、カレーライス全体の彩りは、白っぽく単調になってしま
ったので、もう少し赤や緑の野菜を入れれば良かったかも
しれませんね。

しかしこの味であれば、わざわざホワイトカレーにしなくてもいい
気がするのですが。。。
(甘口のカレーか、シチューを食べたほうがいいかも)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近所の食堂にて

土曜日、久しぶりに近所の食堂で昼ご飯。karaage2

この食堂は大盛りで有名な店で、
これまで数多くのテレビ取材を受けている
ところです。

値段は格別安いわけではありません。味もあんまり・・・

しかし他店でいう超大盛りサイズが、この店では
”通常サイズ”なのです。
だから「グラム単価が安い店」ということになりますね。

たとえば、焼きそば一人前にそばを4玉分使っていたり、
カツ丼はどんぶりに盛りきらないほど盛っていたり。

私はこれまでギブアップしたことはありませんが、
食べ終わると息苦しくなり、ブルーな気持ちで
店を出ていきます。

この日の注文は唐揚げとご飯。
ご飯はどんぶりに山盛り、から揚げは一個一個がとても大きいです。
「これだけの量なら、たぶん値段の安い鶏のむね肉を使っているんだろう」
とタカをくくっていたのですが・・・。
食べてみると、やわらかジューシーなもも肉を使っていることに
気づきびっくり。

「う、うまい。」

さすがに、今回はおいしい唐揚げをおなかいっぱい食べられて、
満足のうちに帰宅したのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は土鍋で

今晩はあまりに寒いものだから、
鍋にしようと思いました。

準備をしようと、土鍋を取り出す。
しかし中に入れる具がなかった
ことに気づきました(冷蔵庫が空っぽ)。
かといって、いまさら買い物に行く気にもならないし。

そこで鍋で味噌汁をつくり(悲しいかな、インスタント)
なかに唯一の具ともいえる、冷ご飯をいれました。

これはいわゆる「ネコマンマ」に該当するのでしょうか。
「ネコマンマ」は行儀が悪いのでやめなさい、と昔言われ
たことがあります。
鍋を使用しているので、おじやだと私は主張したいのですが。
いや、おいしければそれでいいではないか、とも思うのです。

おいしいので、なんでもいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーナ 冬のブラウニー

ここ2,3日で朝晩、急に冷えましたね。かぜにはご注意を。

さて秋冬新商品、今日は「ロッテ 冬のブラウニー」
を紹介します。

季節は秋なのに「冬の~」とあります。
早め早めに商品を展開してイメージを
植え付けていかないと、
売りたい時期に売れませんからね。

パッケージはガーナの赤。
でも中身はチョコではなく、チョコレートケーキ。
10粒入ってます。

食べた瞬間、ほとんどの人はこう思うはず。

”これはブルボンの「シルベーヌ」の味…。”
(スポンジケーキをチョコで薄く包んだ三角形のケーキ)

しかし味はココアがしっかり主張しています。
「シルベーヌ」よりもこってり。チョコは歯ごたえを
感じる厚さ。スポンジケーキの柔らかさとの対比が
面白い。

後味の、口に広がる洋酒が印象的。

食べたい指数は、80で。(シルベーヌっぽいけど、おいしいから)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロッテ季節のトッポ。

ロッテ季節のトッポをおいしくいただきました。

パッケージデザインはゴールドの背景色にモンブランのイメージ写真

が添えられており、たいへん上質で高級感があります。

フレーバーはマロンです。チョコは通常の1.8倍の量を充填しています。

だからこの商品ではレギュラートッポの、あのプレッツエルの

サクサク感はあえて抑えられています。

通常のトッポが好きな人には物足りなさがあるでしょう。

ただし通常よりサイズが長い(約1cm増)ので食べ応えがあります。

チョコの量が多いので、そのぶん甘さはひかえめですが

よくマロンの味をここまで再現できたなぁと感じました。

口の中で、とろけるモンブランを思わせてくれますよ。

よって「ロッテ季節のトッポ」(¥168)のおすすめ指数は80。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧